【20代向け】初めての転職活動!失敗しないための6つのステップと徹底解説

転職

「初めての転職、何から始めればいいの?」

「転職活動って、具体的にどんな流れで進むの?」

「本当に自分に合った会社を見つけられるか不安…」

20代のあなたは今、そんな疑問や不安を抱えていませんか?

初めての転職活動は、右も左も分からず、情報も溢れかえっていて、どこから手をつければいいのか迷ってしまうものです。

でも、安心してください!

この記事では、20代の転職活動の流れを6つのステップに分けて徹底的に解説し、それぞれのステップでやるべきことや注意点を、具体的なスケジュール例と合わせて詳しく解説します。

この記事を読むメリット:

  • 転職活動の全体像を把握し、具体的なスケジュールを立てられます。
  • 各ステップでやるべきこと注意すべきポイントが明確になります。
  • 初めての転職活動でありがちな失敗を避けることができます。
  • 不安や疑問を解消し、自信を持って転職活動を進められます。
  • 効率的に転職活動を進め、内定獲得に近づけます。

この記事を読めば、初めての転職活動でも迷わず着実にそして成功に向かって進むことができます

それでは、一緒に20代の転職活動を成功させましょう!

未経験転職をお考えの方や、転職のモチベーションを維持したい方は、

別記事にて極意やポイントまとめておりますので、そちらをご覧くださいませ!

→→→【20代向け】未経験業界への転職を成功させる!不安を解消し、新たなキャリアを切り開く完全ガイド

【20代向け】転職活動のモチベーション維持術!諦めずに内定獲得へ導く7つの秘訣と10の具体策




会社や上司へ連絡不要!【退職代行ガーディアン】


Circus 自分に合うエージェントを探そう!

目次

ステップ1:自己分析 (期間:1〜2週間)

転職活動を始める前に、必ず自己分析を行いましょう

自己分析とは、自分の価値観強み弱み興味関心スキル経験などを深く掘り下げて理解することです。

自己分析をしっかり行うことで、自分に合った仕事や企業を見つけることができ、転職活動全体がスムーズに進みます

自己分析の方法:

  1. 棚卸し: これまでの仕事アルバイト学校プライベートでの経験を書き出し、どんなことにやりがいや達成感を感じたかどんなことが得意だったかを振り返りましょう。
  2. 強み・弱みの洗い出し: 自分の強み弱みを客観的に分析しましょう。強みはアピールポイントに、弱みは改善点として捉えましょう。
  3. 価値観の明確化: 仕事で何を大切にしたいかどんな働き方をしたいかどんな企業文化で働きたいかなどを考えましょう。
  4. 興味関心の整理: どんな業界や職種に興味があるかどんなスキルを身につけたいかなどを具体的に書き出してみましょう。
  5. 自己分析ツール: Web上には、無料で利用できる自己分析ツールがたくさんあります。活用してみましょう。
  6. キャリアカウンセリング: 専門家のアドバイスを受けることで、客観的に自分を見つめ直すことができます。

自己分析の注意点:

  • 自分の良いところばかりを見ない: 弱みや課題点も正直に認め改善策を考えましょう。
  • 抽象的な表現を使わない: 具体的なエピソード数字を使って説明できるようにしましょう。
  • 他者と比較しない: 自分の価値観目標に基づいて分析しましょう。
  • 一人で抱え込まない: 友人や家族、キャリアアドバイザーなどに相談するのも有効です。

具体的なスケジュール例:

  • 1日目: 職務経歴書の作成
  • 2日目: 自己分析ツールの利用
  • 3〜7日目: 過去の経験を振り返り、強み・弱み、価値観、興味関心を書き出す
  • 8〜14日目: キャリアカウンセリングを受ける(希望者のみ)

ステップ2:情報収集 (期間:2〜4週間)

自己分析が終わったら、情報収集を行いましょう。

業界企業求人について詳しく調べることで、自分に合った選択肢を絞り込むことができます。

情報収集の方法:

  1. 転職サイト: リクナビNEXT、doda、マイナビ転職など、大手転職サイトには、膨大な数の求人が掲載されています。自分に合った求人を探すことができます。
  2. 転職エージェント: 転職エージェントは、あなたの希望やスキルに合った求人を紹介してくれます。また、面接対策や条件交渉などのサポートも受けられます。
  3. 企業のホームページ: 企業理念、事業内容、社員の声などを確認し、企業の雰囲気や社風を知ることができます。
  4. SNS: 企業や社員のSNSアカウントをチェックすることで、よりリアルな情報を得ることができます。
  5. OB/OG訪問: 可能であれば、実際に働いている人に話を聞くことで、仕事内容や社風について詳しく知ることができます。
  6. 転職イベント: 転職フェアやセミナーに参加することで、様々な企業の情報を得ることができます。

情報収集のポイント:

  • 複数の情報源を活用する: 特定の情報源に偏らず、様々な情報を収集することで、より客観的な判断ができます。
  • 気になる企業は徹底的に調べる: 企業理念、事業内容、社風、社員の声、財務状況などを確認し、自分に合うかを見極めましょう。
  • 業界の動向を把握する: 業界の成長性や将来性、競合などを調べ、業界全体の理解を深めましょう。
  • 企業の採用情報を確認する: 求める人物像や求めているスキルなどを確認し、自分にマッチしているかを確認しましょう。

具体的なスケジュール例:

  • 1〜2週目: 転職サイトやエージェントで求人を検索し、気になる企業をリストアップする
  • 3〜4週目: 企業のホームページやSNSをチェックし、OB/OG訪問や転職イベントに参加する

ステップ3:応募書類の作成 (期間:1〜2週間)

情報収集で気になる企業が見つかったら、応募書類を作成しましょう。

応募書類は、企業にあなたを知ってもらうための最初のアピールの場です。

履歴書職務経歴書志望動機などを丁寧に作成 面接に繋げましょう。

履歴書作成のポイント:

  • 基本情報: 氏名、住所、連絡先、学歴、職歴などを正確に記入しましょう。
  • 写真: 清潔感のある服装で、背景は白または薄い色を選び、表情は明るくしましょう。
  • 職歴: 職務経歴は、具体的な業務内容や成果、使用したスキルなどを盛り込み、アピールポイントを明確にしましょう。
  • 自己PR: なぜその企業で働きたいのか、入社後にどのように貢献したいのかを具体的に書きましょう。
  • 志望動機: 企業研究で得た情報を参考に、企業の求める人物像や事業内容に合った志望動機を書きましょう。

職務経歴書作成のポイント:

  • 見やすいレイアウト: 読みやすいフォントや文字サイズを選び、箇条書きなどを活用して見やすいレイアウトにしましょう。
  • 職務要約: 職務経歴の概要を簡潔にまとめ、アピールポイントを強調しましょう。
  • 具体的な成果: 過去の業務でどのような成果を上げたのか、数値で具体的に示しましょう。
  • 使用したスキルやツール: 習得したスキルや使用経験のあるツールを具体的に記載しましょう。
  • 転職理由: なぜ転職したいのか、その理由を正直に書きましょう。

志望動機作成のポイント:

  • 企業理念やビジョンに共感した点を具体的に書く: 企業のホームページやIR情報などで得た情報を参考に、共感した点を具体的に書きましょう。
  • 自分の強みと企業のニーズを結びつける: 自己分析で明らかになった自分の強みや経験が、企業の求める人物像や仕事内容に合致していることをアピールしましょう。
  • 入社後の貢献意欲を具体的に書く: 入社後にどのような目標を達成したいのか、どのように貢献したいのかを具体的に書きましょう。
  • 熱意を込めて書く: 自分の言葉で、なぜその企業で働きたいのかを熱意を込めて書きましょう。
  • 嘘や誇張はしない: 事実に基づいた内容を書き、嘘や誇張は避けましょう。

応募書類作成の注意点:

  • 誤字脱字に注意する: 提出前に必ず誤字脱字がないか確認しましょう。
  • 締め切りを守る: 余裕を持って作成し、締め切り前に提出しましょう。
  • 企業ごとのルールに従う: 企業が指定するフォーマットや提出
  • 方法がある場合は、それに従いましょう。
  • 第三者にチェックしてもらう: 客観的な視点でアドバイスをもらうことで、より良い応募書類を作成できます。
  • 具体的なスケジュール例:
  • 1日目: 履歴書の作成
  • 2〜3日目: 職務経歴書の作成
  • 4〜5日目: 志望動機の作成
  • 6〜7日目: 第三者によるチェック、修正

楽天ブックス
¥1,815 (2024/06/10 04:22時点 | 楽天市場調べ)

フリーターの正社員就職支援|レバレジーズ株式会社

ハタラクティブ

ステップ4:面接対策 (期間:2〜3週間)

応募書類が通過したら、面接に備えましょう。

面接は、企業の採用担当者と直接会って話す機会です。

自己PR志望動機を効果的に伝え、企業への理解を深めるために、入念な準備が必要です。

面接対策の方法:

  1. 企業研究: 企業のホームページやIR情報、ニュースリリースなどを再度確認し、最新情報を把握しましょう。
  2. 想定質問と回答の準備: 自己PR、志望動機、転職理由、強み・弱みなど、よく聞かれる質問への回答を事前に準備しておきましょう。
  3. 模擬面接: 家族や友人、キャリアアドバイザーなどに協力してもらい、模擬面接を行いましょう。
  4. 質問の準備: 逆質問は、企業への関心を示す良い機会です。事前に質問をいくつか用意しておきましょう。
  5. 服装や髪型: 清潔感のある服装で、相手に好印象を与えましょう。
  6. 時間厳守: 面接時間の10分前には到着し、受付を済ませましょう。

面接での注意点:

  • ネガティブな発言は避ける: 前職の不満や批判、転職理由のネガティブな側面などは、できるだけ触れないようにしましょう。
  • 嘘や誇張はしない: 経歴やスキルを偽ったり、誇張したりすることは避けましょう。
  • 質問を聞き返す: 質問の意味がわからない場合は、遠慮せずに聞き返しましょう。
  • 話を遮らない: 面接官の話を最後まで聞き、相手の話を尊重しましょう。
  • 携帯電話の電源を切る: 面接中は、携帯電話の電源を切りましょう。

具体的なスケジュール例:

  • 1〜2週目: 企業研究、想定質問と回答の準備、模擬面接
  • 3週目: 服装や持ち物の準備、面接会場の下見
楽天Kobo電子書籍ストア
¥1,540 (2024/06/12 09:16時点 | 楽天市場調べ)




大手人気企業のハイクラス転職に特化【シンシアード】

ステップ5:内定 (期間:1〜2週間)

面接後、内定の連絡を待ちましょう

内定が出たら、入社条件入社日などを確認し、承諾するか辞退するかを判断します

内定後の注意点:

  • 入社条件の確認: 給与、勤務時間、休日、福利厚生など、入社条件を再度確認し、疑問点があれば質問しましょう。
  • 入社日の調整: 入社日は、現職の退職手続きなどを考慮して、余裕を持って設定しましょう。
  • 辞退する場合のマナー: 他の企業の内定を承諾する場合や、入社を辞退する場合は、速やかに企業に連絡し、丁寧にお断りしましょう。

具体的なスケジュール例:

  • 1週目: 内定連絡を待つ
  • 2週目: 入社条件の確認、入社日の調整、承諾・辞退の連絡

ステップ6:入社準備 (期間:2〜4週間)

内定を承諾したら、入社に向けて準備を始めましょう

入社準備の内容:

  • 現職の退職手続き: 上司や同僚に退職の意思を伝え、引き継ぎを進めましょう。
  • 引っ越し: 転居が必要な場合は、早めに物件を探し、契約手続きを進めましょう。
  • 必要な知識やスキルの習得: 入社前に必要な知識やスキルがあれば、書籍やオンライン講座などで学習しておきましょう。
  • 心構え: 新しい環境で働くことに対する不安や期待を整理し、前向きな気持ちで入社を迎えましょう。

具体的なスケジュール例:

  • 1〜2週目: 現職の退職手続き、引っ越し準備
  • 3〜4週目: 必要な知識やスキルの習得、心構え

まとめ|20代の転職を成功に導くために

 初めての転職活動は、不安戸惑いがつきものです。

しかし、正しい情報と準備をすれば必ず乗り越えることができます

 この記事で紹介した6つのステップを参考に、計画的着実に転職活動を進めていきましょう

あなたの転職活動が成功することを心から願っています




IT開発関連書とビジネス書が豊富な翔泳社の通販『SEshop』




楽天モバイルは、楽天スーパーポイントが貯まる!使える!




ahamo

コメント