【20代向け】初転職の面接で失敗しない!内定にグッと近づく7つのポイントと10個の極意

面接

「初めての転職、面接で何を聞かれるの?」

「自己PRや志望動機、どう答えればいいの?」

20代のあなたは今、そんな不安を抱えていませんか?

 初めての転職活動は、分からないことだらけで不安ですよね。特に、面接は緊張するし、何を準備すればいいのか迷ってしまうものです。

でも、安心してください!

この記事を読めば、あなたは以下のメリットを得られます。

  • 20代が陥りがちな面接での失敗とその対策がわかります。
  • 面接官が見ているポイントを理解し、効果的な対策ができます。
  • 自己PR、志望動機、逆質問など、各質問への回答例がわかります。
  • 面接でのマナーや服装など、基本的な知識を身につけることができます。
  • 自信を持って面接に臨めるようになります。

この記事では、20代の転職者が面接で内定を勝ち取るための7つのポイントと10個の極意を徹底解説します。

例文付きでわかりやすく解説しているので、これを読めば、きっとあなたも面接を突破できるはずです!

他に転職媒体のことや会社選びのことで不安ありましたら、別記事にて情報まとめておりますので、そちらをご覧ください。

→→→20代 初転職 会社選び 失敗しない 7つのポイント【後悔しない転職完全ガイド】

   20代転職! 転職エージェントを最大限に活用して成功を掴む秘訣


転職エージェント会社を選ぶならCircus!



セルワーク20代転職

目次

ポイント1:自己分析で自分の強みと弱みを把握する

面接で最も重要なのは、「自己分析」です。

自分の強み弱み過去の経験仕事で得たスキル転職の理由などを深く掘り下げて考えてみましょう。

自己分析のコツ:

  1. 過去の経験を振り返る: 学生時代のアルバイトや部活動、社会人になってからの仕事での成功体験や失敗体験を具体的に書き出してみましょう。
  2. 強みと弱みを洗い出す: 過去の経験から、自分の強みと弱みを客観的に分析しましょう。強みはアピールポイントに、弱みは改善点として捉えましょう。
  3. 転職理由を明確にする: なぜ今の会社を辞めたいのか、どんな仕事をしたいのか、どんな会社で働きたいのかを明確にしましょう。
  4. キャリアプランを考える: 将来、どんなキャリアを築きたいのか、どんなスキルを身につけたいのかを具体的にイメージしましょう。

自己分析の注意点:

  • 自分の良いところばかりを見ない: 弱みや課題点も正直に認め、改善策を考えましょう。
  • 抽象的な表現を使わない: 具体的なエピソードや数字を使って説明しましょう。
  • 他者と比較しない: 自分の価値観や目標に基づいて分析しましょう。

ポイント2:企業研究で志望動機を明確にする

企業研究は、志望動機を明確にするために欠かせません。

企業のホームページIR情報ニュースリリースSNSなどを活用して、以下の情報を集めましょう。

  • 企業理念ビジョン事業内容
  • 強み弱み競合
  • 社風文化価値観
  • 求める人物像キャリアパス

企業研究のコツ:

  1. 公式情報をチェックする: 企業のホームページやIR情報で、基本的な情報を把握しましょう。
  2. ニュースリリースを読む: 企業の最新動向や今後の戦略を知ることができます。
  3. SNSで情報収集する: 社員の生の声を聞くことができます。
  4. OB/OG訪問をする: 実際に働いている人の話を聞くことができます。
  5. 競合他社と比較する: 志望企業の強みや特徴を理解することができます。

企業研究の注意点:

  • 表面的な情報に惑わされない: 企業のホームページは良いことしか書いていないことが多いので、多角的に情報を集めましょう。
  • ネガティブな情報も確認する: 企業の評判や口コミもチェックし、客観的に判断しましょう。
  • 自分の価値観と照らし合わせる: 企業の理念やビジョンに共感できるか、自分のキャリアプランと合致するかを考えましょう。

ポイント3:効果的な自己PRで自分をアピールする

自己PRは、自分の強み経験をアピールする絶好のチャンスです。

PREP法を使って、簡潔かつ具体的に伝えましょう。

PREP法:

  • Point: 結論から述べる
  • Reason: 理由を説明する
  • Example: 具体的な例を挙げる
  • Point: 結論を繰り返す

自己PRのコツ:

  1. 強みを3つに絞る: あまり多くの強みをアピールすると、焦点がぼやけてしまいます。
  2. 具体的なエピソードを交える: 数字や実績などを盛り込むと、説得力が増します。
  3. 企業の求める人物像に合わせる: 企業研究で得た情報を参考に、企業が求めるスキルや経験をアピールしましょう。
  4. 熱意を伝える: 自分の言葉で、仕事への意欲や情熱を伝えましょう。

自己PRの例文:

「私の強みは、コミュニケーション能力問題解決能力、そして責任感です。

前職では、営業として年間1億円の売上を達成しました。これは、お客様との信頼関係を築き、ニーズを的確に把握し、最適な提案をすることで実現できたと考えています。

また、プロジェクトリーダーとして、メンバーの意見をまとめ課題を解決し、目標を達成した経験もあります。この経験から、リーダーシップチームワークの重要性を学びました。

貴社では、コミュニケーション能力を活かしてお客様との関係を構築し、問題解決能力を活かして課題を解決し、責任感を持って業務を遂行したいと考えています。」

ポイント4:説得力のある志望動機を伝える

志望動機は、なぜその会社で働きたいのかを伝えるためのものです。

企業研究で得た情報自己分析の結果を結びつけ、論理的かつ具体的に伝えましょう。

志望動機の構成:

  1. 企業への共感: 企業理念やビジョンに共感した点を具体的に述べる
  2. 自分の強みとのマッチング: 自分の強みや経験が、企業の求める人物像や仕事内容に合致していることをアピールする
  3. 貢献意欲: 入社後にどのように貢献したいかを具体的に述べる

志望動機の例文:

「貴社の「〇〇」という理念に共感し、「〇〇」という事業に魅力を感じました。

私は前職で「〇〇」の経験を積み、「〇〇」のスキルを磨いてきました。これらの経験とスキルは、貴社の「〇〇」という仕事に活かせると考えています。

入社後は、「〇〇」という目標を達成するために、「〇〇」という取り組みを積極的に行い、「〇〇」という成果を上げたいと考えています。」

楽天Kobo電子書籍ストア
¥1,540 (2024/06/12 09:16時点 | 楽天市場調べ)




全国送料無料!IT書、ビジネス書、資格書が豊富なSEshop

ポイント5:逆質問で意欲と関心を示す

逆質問は、企業への理解を深め、意欲関心を示すためのものです。

事前に質問を用意し面接の流れに合わせて質問しましょう

逆質問のコツ:

  1. 企業研究に基づいた質問をする: 企業のホームページやIR情報で得た情報から、さらに深く知りたいことを質問しましょう。
  2. 仕事内容に関する質問をする: 仕事内容やキャリアパスについて質問し、入社後のイメージを明確にしましょう。
  3. 社風に関する質問をする: 職場の雰囲気や社内イベントについて質問し、企業文化への理解を深めましょう。
  4. 面接官への質問をする: 面接官の経験やキャリアパスについて質問し、コミュニケーションを深めましょう。

逆質問の例文:

  • 「〇〇」という事業の今後の展望について教えてください。
  • 「〇〇」という仕事で求められるスキルは何ですか?
  • 「〇〇」というキャリアパスはありますか?
  • 「〇〇」という社内イベントはありますか?
  • 面接官ご自身のキャリアパスについて教えてください。

ポイント6:マナーを守り、好印象を与える

面接は、第一印象が非常に重要です。

身だしなみ、言葉遣い、態度などに気を配り、好印象を与えましょう。

面接マナーのコツ:

  1. 清潔感のある服装: スーツやオフィスカジュアルなど、企業の雰囲気に合わせた服装を選びましょう。
  2. 時間に余裕を持って到着する: 面接時間の10分前には到着し、受付を済ませましょう。
  3. 明るくハキハキと話す: 笑顔で挨拶し、相手の目を見て話しましょう。
  4. 答えにくい質問は避ける: 給与や休暇など、デリケートな質問は避けましょう。
  5. 複数の質問を用意する: 面接官の回答によっては、質問内容を変更できるように、複数の質問を用意しておきましょう。

逆質問の例文:

  • 事業に関する質問:
    • 貴社の「〇〇」という事業の今後の展望について教えてください。
    • 競合他社と比較して、貴社の強みは何だとお考えですか?
    • 最近の市場トレンドを踏まえて、貴社はどのような戦略を立てていますか?
  • 仕事内容に関する質問:
    • 入社後、具体的にどのような業務を担当することになりますか?
    • 仕事で求められるスキルや経験は何ですか?
    • キャリアパスについて教えてください。
    • 新入社員向けの研修制度はありますか?
  • 社風に関する質問:
    • 職場の雰囲気はどのような感じですか?
    • 社員同士のコミュニケーションは活発ですか?
    • 社内イベントはありますか?
    • ワークライフバランスについて教えてください。
  • 面接官への質問:
    • 面接官ご自身のキャリアパスについて教えてください。
    • 貴社で働く上で、最もやりがいを感じるのはどのような時ですか?
    • 貴社に入社して活躍されている方の共通点は何ですか?

ポイント7:模擬面接で練習を重ねる

面接は、場数を踏むことで自信をつけることができます。

家族友人キャリアアドバイザーなどに協力してもらい、模擬面接を繰り返し行いましょう。

模擬面接のコツ:

  1. 本番を想定する: 服装や時間配分など、本番と同じように行いましょう。
  2. 録画する: 自分の話し方や表情をチェックし、改善点を見つけましょう。
  3. フィードバックをもらう: 第三者の視点からアドバイスをもらい、改善に活かしましょう。
  4. 質問の答え方を確認する: 答えにくい質問や予想外の質問への対応力を高めましょう。
  5. 自信を持って話す: 緊張するのは当然ですが、自信を持って堂々と話しましょう。

10個の極意で面接を制する!

  1. 笑顔を忘れずに: 笑顔は好印象を与えるだけでなく、自分自身の緊張もほぐしてくれます。
  2. 相手の目を見て話す: 相手の目を見ることで、誠実さや自信をアピールできます。
  3. ゆっくりと話す: 早口で話すと、聞き取りにくく、自信がない印象を与えてしまいます。
  4. 結論から話す: 面接官は忙しいので、最初に結論を述べると印象に残りやすいです。
  5. 具体的なエピソードを交える: 抽象的な話よりも、具体的なエピソードの方が説得力があります。
  6. 質問には正直に答える: わからないことは正直に「わかりません」と答え、誠実な姿勢を見せましょう。
  7. 熱意を伝える: 言葉だけでなく、表情や態度でも熱意を伝えましょう。
  8. 感謝の気持ちを伝える: 面接の最後には、必ず感謝の気持ちを伝えましょう。
  9. メモを取る: 面接中にメモを取ることで、熱心な姿勢を見せることができます。
  10. 質問をする: 逆質問は、企業への関心を示す良い機会です。積極的に質問しましょう。

まとめ:自信を持って面接に臨もう!

初めての転職活動は不安が多いかもしれませんが、この記事で紹介した7つのポイントと10個の極意を参考に、しっかりと準備すれば、必ず内定を勝ち取ることができます。

面接は、あなた自身をアピールする絶好のチャンスです。

自信を持って、あなたの魅力を最大限に伝えましょう!


日本最大級ショッピングサイト!お買い物なら楽天市場



楽天モバイルは、楽天スーパーポイントが貯まる!使える!



夜行・高速バス予約サイト【エアトリ】

コメント